K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

2019-12-31から1日間の記事一覧

ECMの記事を整理(ECM1031〜ECM1040)

この10枚は1973年の吹き込み、1974年発売のものが多い。改めて驚いたのは、リピダル以外は米国の奏者。ECMはENJA以上に米国奏者中心のレーベルだったのだ、1970年代前半は。ここでNew seriesの萌芽的なキース・ジャレットのアルバムが登場している。リーブマ…

Miles Davis: In A Silent Way

電気ピアノの音が実に甘く、美味しい

尾川雄介: インディペンデント・ブラック・ジャズ・オブ・アメリカ

随分と前に入手した本。 ボクは1979年にジャズを聴きはじめた。だからアルバムのscopeが1976年あたり、1970年代後半から1980年代前半あたりに強くある。その時期のアルバムは随分と聴いたし、血肉のように感じる。 この本で取り上げている1970年代前半のStra…