K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

2022-01-28から1日間の記事一覧

浅川マキのディスコグラフィー(LPレコード complete)

[2022-1-28] 幻の女の再発入手でおしまい! [2021-6-18] 入手レコードの写真追加 [2021-1-18] 先週末は浅川マキの命日、そして再発予定レコード 近々、再発盤が出るようなので整理 先週末は浅川マキの命日。名古屋にライヴで出向いているときに逝去。肩を落…

浅川マキのレコード再発(幻の女たち)で何とかLPレコードが揃った

CDへの移行期であった1980年代後半のレコードは概してプレス数が少ない。浅川マキのレコードも本当にプレス数が少ない。だから、この時期のアルバム3枚は入手を諦めていた。ブツはあるが、価格が2万円近いとさすがに、である。 嬉しいことに近年のレコード…

雪の朝はイーノ

夜明け前から仕事をしている、と書くと凄いのだけど、冬の朝は遅い。 しばらくすると、雪が降ってきた: 雪が降ってきた pic.twitter.com/WMRq6ExKFd— K’s Jazz Days (@KsJazzDays) 2022年1月27日 そんな朝に似合う音、かなと思い、イーノを聴き続けている。

David Sylvian: When Loud Weather Buffeted Naoshima (2007), There Is No Love(2019) 時折、空間を破断するような

When Loud Weather Buffeted Naoshima (2007) 昨日の仕事場の背景音。直島で使ったものらしい。彼の声は入っていない静謐な世界ではあるが、時折、空間を破断するような瞬間がある。Field recordingとかimprovised musicの世界。この方も遠くに行かれた、と…