K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

Jazz: Bill Evans

The Tony Bennett Bill Evans Album (1975) UK盤で聴く

このレコードは既に何回聴いたか、全く分からないぐらい聴いたアルバム。買ったのが1981年頃。当時の安レコードだ。買った頃はあまり聴いていなかったが、ある時期(思い出せない)から繁く聴いている。

Bill Evans: Explorations(1961) Complete BOXのCD、モノラル盤、OJC盤を聴く

ルネ氏の記事を読んで、ExplorationsのComplete riverside BOXのディジタル音源との聴き比べをやっていないことに気が付いた。 このアルバムは、ルネ氏が書くように素晴らしい曲が揃っているが、録音に冴えない印象があって、あまり聴いていなかった。 夏に…

今朝の一枚(Bill Evans at Shelly's Manne-Hole, Hollywood, California)

最近、Riverside complete集から作ったcomplete Shelly's Manne-Holeが気に入っている。少し気が抜けた演奏もあり、ライヴを覗き見した感覚が楽しい。ルネ氏から原盤についてのコメントがあり、気になった。モノラル盤よりステレオ盤のほうが良いという。 Ri…

Bill Evans: 'Complete recordings' at Shelly's Manne-Hole, Hollywood, California (1963) ボクのcomplete盤

Bill Evans(p), Chuck Israels(b), Larry Bunker(ds) Recording: Walt Heider Recorded in Los Angeles; May 14 and 19, 1963.

今度のエヴァンス再発は(RSD商売はねえ)

Record Store Dayやらレコードの日、とか、そろそろ止めて、適正なアルバムを、適正な量で、適正な価格で販売する時期じゃないだろうか。絶滅寸前のレコードを盛り上げた功績?はあるのだろうが、立ち上がった後にまだやるのかな。 発掘音源のレコードの音質…

Thelonious MonkとBill EvansのOJC盤について(最近の買い物)

モンクとエヴァンスのriversideのcomplete集、それもCD/レコードの両方を聴き、昔のモノラル盤と比較した: ともに初期のアルバムを除き、complete集は当時のモノラル盤とは別の意味で素晴らしい音を楽しめることが分かった。とても自然な音で、ピアノの美し…

Riversideの録音技師(ビル・エヴァンス編)

Riversideは録音技師がまちまちなので、レーベル全体の音場の印象が薄い。しかし、録音によっては実に素晴らしいので、そのあたりを調べた。 エヴァンスのRiverside盤の録音技師は、以下の5名。モンク盤とはJack Higginsのみ重なっている。 Jack Higgins Ne…

Bill EvansのVillage Vanguard sessionsについて

先日、入手したビル・エヴァンスのThe complete riverside sessions(独CD)を順々に聴いている。 セロニアス・モンクの同CD/LPもそうだけど、間違いなく彼らのRiverside期のアルバムとして、録音は最も良いのではないか。LPはオリジナルに肉薄し、CDは部分…

Bill Evans: The complete riverside recordings: まだまだcuriousに

今朝、郵便局に取りに行ったCDセット。 モンクのthe complete riverside recordingsで、LP/CDともにオリジナル盤を越えるピアニズムが封印された音源である、と判断した。 媒体としてのダイナミックレンジ、信号対 雑音比はCDのほうが圧倒的に良い。だから、…

Bill Evans Live In Tokyo(1973) モレルの打音そして日本オリジナル盤とOJC再発の比較

Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds) Recorded January 20, 1973 at Yubinchokin Hall, Tokyo

Bill Evans: Live At Lulu White's (1979) 弛緩した気持ちで

Bill Evans: Live At Lulu White's (1979, DOL)A1. Re: Person I Knew 4:10A2. Midnight Mood 6:00A3. The Peacocks 6:30A4. Suicide Is Painless 4:35A5. Up With The Lark 6:07B1. Laurie 8:01B2. I'm Gettin' Sentimental Over You 4:33B3. I Do It For Y…

Bill Evansについての2つのcomplete recordings

2つのcomplete recordingsが手元にある。1つはThe complete Riverside recordingsで、オリジナル?は米盤で1984年発売。持っているのは日本盤で1985年発売。キープニューズによるOJCでの再発が盛んに行われていた時期だ。LPレコード 18枚組。もう一つはThe…

独盤のBill Evans: Moon Beams (1968年頃)を聴いてみた

これはMoon Beamsの再発盤。Riverside倒産後にABC傘下でボブ・シールのsuperviseのもとre-masteringされたもの。同様のジャケットで米国では1968年に発売。多分、同時期に西独ハンブルグのドイチェ・グラモフォンでプレスされた盤が出ている。

Bill Evans: Explorations(1961) Complete BOXの音質に驚く

米モノラル盤、米OJC盤、日ビクター盤、独OJC盤。 そもそも亡父が2枚持っていて、それにモノラル盤と独盤OJCを買い足した。アホみたいなのだけど、音の違いをゆっくり聴くのも楽しいだろう。 独盤に針を下ろすと、妙にエキセントリックな音、高音が歪むほど…

Bill Evansのディスコグラフィーと保有盤(ゆっくりやります)

ドルフィーに続いてエヴァンスのディスコ・グラフィーも。特に客演盤をピックアップしていこうと思う。 https://www.jazzdisco.org/bill-evans/catalog/album-index/ 1954 (age 25)Jerry Wald And His Orchestra - Designed For Dancing (Lion E-70014)1955L…

Bill Evans: We Will Meet Again (1979) これもまた西独盤で

Bill Evans(p), Larry Schneider(ts,ss), Tom Harrell(tp), Marc Johnson (b), Joe LaBarbera(ds) Recorded at Columbia Studios, 30th Street, New York City on August 6-9, 1979 Mastered onthe CBS DIS Computer System, Columbia Studios, New York City

John Zorn, George Lewis, Bill Frisell: News For Lulu (1987) 管に粒立ち、のような表現が許されるなら

John Zorn(as), Bill Frisell(g), George Lewis(tb) Tracks 18 to 20 recorded DIGITAL two-track live at Jazzfestival Willisau on 7/30/87. All other tracks recorded DIGITAL two-track live at Soundville Recording Studio Lucerne on 7/28/87.

Bill Evans: Hooray For The Bill Evans Trio (1960) 気楽な遊び

no credits

Bill Evans: Affinity (1978) これも独盤で聴く

Bill Evans(p), Toots Thielemans(harmonica), Larry Schneider(ts,ss, fl), Marc Johnson(b), Eliot Zigmund Recorded at Columbia Studios, New York, N.Y. from October 30 - November 2, 1978. Mastered on the CBS DISComputer System, Columbia Studio…

Bill Evans: A Rare Original (1960) 懐かしの海賊盤

Bill Evans: A Rare Original (1960, Alto Records)A1. Autumn Leaves A2. Our Delight A3. Beautiful Love / Five B1. Autumn Leaves B2. Come Rain Or Come Shine / Five B3. Nardis / Blue In GreenRecorded March 12, 19 & April 30, 1960. no credits -…

Bill Evans: Trio '65 (1965) 端々から溢れるそんな音を愉しむ盤

Bill Evans(p), Chuck Israels(b), Larry Bunker(ds)

Bill Evans: Live In Buenos Aires 1979 期待通りの平常運転的なライヴ

Bill Evans(p), Marc Johnson (b), Joe LaBarbera(ds) Recorded in 1979 at Theatro Municipal General San Martin of Buenos Aires

Bill Evans: You Must Believe in Spring (1977)独盤との聴き比べ、そして

Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Eliot Zigmund(ds) Recorded at Capitol Studios, Hollywood, CA, August 23, 24, 25, 1977.

Bill Evans: Moon beams (1962) 今夜のモノラル盤

Bill Evans(p), Chuck Israels(b), Paul Motian(ds)

Bill Evans: New Conversations (1978) そのゴツゴツした音が

Bill Evans(p, key) Recorded at Columbia 30th St. Studio, New York, January 26, 27, 28, and 30, February 13, 14, 15, and 16, 1978. Mastered on the CBS DISComputer™ System, Columbia Studios, New York.

ECMの録音、非ECMの録音(ピアノへの違和感)

昨日、出勤前に聴いた一枚目のECM盤と二枚目のElectra盤。 ECMの録音がかなり「強く」音場の空気を伝えていることがわかる。息遣いが伝わる、というコトバそのもの。キースの呻き声もはっきり、またベースの軋みもリアルだ。そして残響も強い。ピアノの音の…

Bill Evans, Jim Hall: Undercurrent (1962) 力強い「対話」のあり方

Bill Evans(p), Jim Hall(g)

Bill Evans:  Live’80

エヴァンスのレコードを緩くフォローしているのだけど、再発がとても多く、ここ2年くらいで随分買ったような気がする。どれも演奏は水準を超えていて、その意味で購入には後悔はないのだけど、録音にばらつきがある。 Resonance recordsのものは、それなり…

Bill Evans: Consecration The Last Complete Collection: 確かにレコード最末期の良さ

Bill Evans(p), Marc Johnson (b), Joe LaBarbera(ds) The Final Recordings, Live at Keystone Korner, Aug. 31 - Sep. 7, 1980

Bill Evans: Evans in England

またもやResonance recordsから出たエヴァンスのアルバム。それにしてもRecord Store Daysとあわせ、予約不可で煽る商法はイカンなあ。もっと落ち着いて購入できるようにして欲しいなあ。先般のドルフィー盤で懲りたから、後日にネットで購入したが。それに…