K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

日々

レコードと一緒に届いたもの

大阪のレコード屋からのBooker ErvinのBlue Note盤(RVG刻印)に、嬉しい封入物Wayout west。5〜7年振りかなあ、手にするのは。金沢のジャズバー広告にビックリ。あわせて大阪のレコード屋マップも。行きたくなったな。 このレコードはpost Lion期。ピアノの音…

新雪の兼六園へ

土曜日の夕刻から再び降雪が強まるが、夜半には上がったようだ。 金沢に来て13年を越えたが、新雪の兼六園ははじめて。堪能した。 早朝は金沢市民は無料。ゲートでそれがわかる免許証などを見せる必要がある。A

豪雪予報の北陸(1/24から1/25)の顛末

十年に一度の大雪との予報に、最近はそんな脅しが多いなあと思いながら出勤。 朝は穏やかに陽が指していたが、8時を過ぎると西から暗雲が。 朝から気温が急降下し、日没の頃には零下5度に。いよいよ来たかあ、と身震い。 翌日は在宅勤務とした。 結局、1/2…

新春のご祈祷へ

神恩感謝のため、恒例のご祈祷へ。 今年は雪が少ない。 電車はやってこない駅

古いレコード棚崩壊

古い安本棚をレコード棚にしてたら(10年以上)、大音響と共に崩壊。今の所、マイルス・フィルモア箱入りの箱が傷んだ以外は被害なし。エヴァンスやマイルスのmisaic箱入りcompleteセットは無事の模様。 ああ年末年始の仕事が増えた。。。。

最近入手したレコードを聴き続ける愉しさ

仕事を忘れて聴き続ける。どれも両面たっぷり。聴きながら、散乱する入着レコードを整理。 今日の一枚目。ABC黒、rvg刻印。タイナーのピアノは好み。 pic.twitter.com/nLTMVVGhoN— K’s Jazz Days (@KsJazzDays) 2022年12月25日 二枚目。モーガンとハバードの…

安江町・菜喰 安心院 :まる鍋中心に

忘年会?クリスマス会?で安心院へ。美味かったなあ。 ごま豆腐 茹でた白子。柚子が絶妙。 何日も馴らしたという刺し身。素人じゃできないね。 まる鍋。出汁が実に美味。 蕪を焼いたもの! 金色だった。 つくね。鴨出汁が濃厚。 香箱。今シーズン最後だろう…

いよいよはじまった

積雪期の到来。夜半から雷も。

月参りへ

遅れたが月参りへ。

石川県立図書館で古本の催事

昨日に続き、恢復期の散歩。小立野を歩く。残念ながら紅葉には遅かったが、遅まきながら新設の図書館へ。 人が集まる箱モノ、イベントは苦手なのだ。図書館前には食品の販売車まり、賑わっている。某釜元類似の蓮根柄の販売車もあり、可笑しい。脳内に苦手警…

本多町あたりの紅葉

昨日からの素晴らしい好天。昨日は発熱ですったもんだ。 陰性だったけどね。今日は投薬の効果か落ち着き、久々に散歩。薬のためか変な汗が。 紅葉の盛り、だった。

冷たい雨の後

先週からの扁桃腺の腫れが酷い.なかなか仕事もつらい日々. とはいえ多忙で,昨日の勤労感謝の日も出勤.冷たい大雨だった. そうやって秋が背後に押しやれていくような,そんな日々. ようやく雨が上がった.そのようなときの大気の透明度が嬉しい. さて…

犀川に下る段丘の大銀杏

寺町台地から下菊橋へ下る途中の大銀杏。長良坂と不老坂に挟まれた新道のこの坂、名前はあるのだろうか。ふと気になった。

晴雨曇雷の11月

時々刻々、季節の表情が移ろう。

少し長い秋を

少し長い秋を愉しんでいる。それももうお終いかなあ。 晴時々曇時々雨時々雷の日々に移ってきた。

砺波の鯖すし

Sちゃんと一献。これが凄かった。 日本酒の瓶。。。。 よらんかいねで買った刺身。 圧巻が砺波の鯖すし。麹で漬けたなれ鮨。ヘシコと同じだと思うが、酒に合う。 一つ貰った。嬉しい。

帝都の表玄関

帝都の表玄関に降り立った。皇居へ伸びる路を臨む。 昼光の中ではモノクロームの心象が焼かれ、照明の中で淡い色彩が広がる。100年の時間を見つめていた。

月参り

東京から戻って、そのまま月参りに。勢いに任せるまま。

新潟の蟹で予行練習

昼間にメッセージ。スーパーに新潟の蟹があるから来る? 近所のAくんとNちゃんから。いつものEちゃんもたまたま休暇でokらしい。 たまたま、本当のたまたまなんだけど、行けるではないか。 ということで、例年より2ヶ月早く、蟹の会の予行練習。 BGMはAくん…

10月下旬の果実

店に柿が溢れている。干し柿は11月下旬から。

10月中旬の果実

10月はじめ、山中湖まで出かけたときに、松本郊外で購入。8個で600円だったか。 半分はA君、Nちゃんに。残りをゆっくり熟れていくのを頂いた。 西洋梨をこんなに食べたことはなかったな。

不安定な朝

不安定な朝の雲は楽しい。極く短い時間で流れる、流れる。 天蓋に薄く貼られているので、透かし絵のようで楽しい。 この日、浜の方では竜巻があったようだ。

空を見上げる時間

空を見上げる時間を失くして暫く経った、ことに気がついた。 暗雲が広がる前の束の間の蒼天を愉しみたい。

新天地・赤城へ

神奈川から客人あり。赤城へ。 既に岩魚、山女魚の在庫切れ。大雨で不漁だったみたいだ。 長良川の鮎は良かったな。

月参り

8月中旬からの忙しさ、間違いなくこの10年で最高、にヤラれた。自分の中で、何かが壊れている。それでもピークは過ぎたので、恢復に向かわねば。 壊れつつあるなかでは、お参りに行く発想が出ない。今日、ようやく月参り。手を合わせている間に、肥大化した…

松本郊外の定食屋(レストラン上高地)

金沢から山中湖に行く途上で昼食。同行のS爺、T君はよく食べる。ガッツリ系の定食屋であるが、良い店だったな。

腹いっぱい食べると

アクセル全開で食べた。時間をかけて食べた。なんか飢餓感、があったんだな。 半端ではない満腹感だった。 鱧は湯引き、ではなかった。

夕暮れの主計町界隈

武蔵ヶ辻から東へ。暗がり坂から結界抜けて異界に入り込む感覚、を期待。夕暮れの主計町界隈

珠洲へ(3) 狼煙へ

加賀から能登に入ると、なぜか空が突き抜けるように広くなる、ような感覚がある。そんな感覚に尻尾を捕まえようと走り続けると狼煙に辿り着く。その先は、もうない。天蓋に手が届きそうだ。 一昨年は自転車で来たが(何回かに分けて)、今回は自動車。その分…

珠洲へ(2) 蛸島廃駅へ

蛸島まで鉄道が来ていた、ということが未だに信じられない。そんな鉄道に乗りたかった、が、今は穴水まで。 廃駅の訪問は晩夏が似合う、と汗を拭いながら呟いてみた。