K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

湯島の夜

清水坂をゆっくり上がると、いつものバーの辺りに非常灯が回っている。嫌な感じで、歩を進めると、やはりあそこ。 ボクと同年の彼だから、あってもおかしくないよな、と思った。金沢のアソコのオヤジが死んだ齢だしね。 覗くと営業中。オッさんの客が泥酔女…

市ヶ谷のあたり

仕事で今月2回目。ぼおっとしているうちに春。 桜花を取り巻く緩い大気はこちらの心象。凍えるような花見の金沢とは違う。暫し懐かしい感覚を味わう。

大船の夜

鎌倉市だけど鎌倉でない、大船。庶民の街で好きだ。14年過ごした街。懐かしい。 大船で一献といえば観音食堂だが、亀屋万年堂からのもらい火で焼失。ショックだった。 再建途上のようだけど、あの風情は再現できないだろうな。 ということで、ここ。

沖縄で走る

どこに行っても。

週末は沖縄へ

動き続けている。OFF。 早朝、羽田に移動。 高度を落として着陸。

皇居ランニング2日目

もう春。

市ヶ谷でタイ飯

昨日は市ヶ谷で仕事。三島由紀夫が自裁した処じゃないよ。 そこでOさんと4年ぶり。ボクより5学年上だから、もう随分だけど元気に現役。 帰途にタイ飯屋に。 トムカーガイとシンハーでスタート。

御茶ノ水・湯島の夜(インド飯からshot bar あお)

独り飯が寂しくない店でシンハー呑んで,カレーを食べる(アイキッチン 御茶ノ水店). その後で,いつものバーへ.昔の名前(太陽と星のバー)が良かったと思っているが,それから無意味な店名変更を3回.今は以下の通り. 店主の名字(青木)から一文字は…

Covid後、初めてのフライト

羽田へ

数年ぶりの鳥取

昼間の仕事の後は夜の鳥取。 最初はチェーン店的な居酒屋だけど、まあCPは金沢よりはるかに良い。 二次会が驚くべき店。風情も良かったなあ。

分水嶺を越えると

岡山から再び分水嶺を越えて日本海側へ。 霰が混じる肌寒い空の下へ。

昭和の残滓、を求めて

鉄道の結節にある駅の活気が好きだ。行き交う人が違った時空、未だ昭和のなかにあるような錯覚を覚える。岡山はそんな場所だ。 プラットフォームの浅い円弧を描く鉄の屋根、端のプラットフォームから出る車両のディーゼルエンジンの響きそして遅れてやってく…

何年ぶりか

何年ぶりかに、やってきた。遠いなあ。

戸隠 day 3

ザラメ雪の上に新雪が。 雪煙を上げて滑ってた。 戸隠連峰は午後から姿を現した。

モノクロームの山並み(戸隠day 1)

戸隠でスキー。 曇天だけど、見晴らしはよい。

北信へ

金沢から僅か3時間。OFFの時間へ。 北陸道からの剱岳。 妙高が見えてきた。嬉しい。 黒姫 妙高 道の駅の土産チェック。八味って何だ。 かんずりの補給要す。

能登で焼き牡蠣

最近は恒例になったS君との鹿島での焼き牡蠣を今年もGO。 メンバーはお馴染みのT君、Hに加え、ゲストのF君。今回はHのハンドルで楽々。 高松のSAから見る冬の海は好きだなあ。外海の浪は高い。 のと里山海道を降りるとすぐ。 山盛りの牡蠣。1人分。S君とは…

そこはかとなく旅情

国境のトンネルを抜けるまでもなく、この光景。 そこはかとなく旅情 pic.twitter.com/eQGsmKnVcm— K’s Jazz Days (@KsJazzDays) 2023年1月4日

清水坂上:あお(改名何回目?)

昨夜は湯島の清水坂上で、多忙な1週間に思いを馳せ独りで一献。 週末とあって見たこともない程、混んでいた。早々に退散。

御徒町 Cafe Incus: Trasision盤の音に驚いた

今日はOff。御徒町のカフェ・インカスへ。 ジャズ・バー化し軟派になったジャズ喫茶より、100倍くらい伝統的ジャズ喫茶的なカフェ。でも普通のカフェでもあったのだけど、遂に土日はジャズ喫茶である宣言をしたようだ。来ると長尻になるので、規則化は気持ち…

Goodbye

少し過去とは違う日常だが、戻ってきたように思える。

Minato Mirai at noontime

No boundary uder the sky. Everything is migrated into everything without color gradation.

馬車道: 生香園

久々の外食。中華街まで行くのが面倒なので馬車道で。O氏と二人。 飲茶のメニューからはじめて、 牡蠣がうまかった。パクチーの香り良し。

Minato Mirai at 6:30PM

陽が沈むと色彩感が滲み出る。

Minato Mirai

薄い雲のもと。

Kan’nai 2022

雨上がりの朝だった。

帝都の表玄関

帝都の表玄関に降り立った。皇居へ伸びる路を臨む。 昼光の中ではモノクロームの心象が焼かれ、照明の中で淡い色彩が広がる。100年の時間を見つめていた。

珠洲へ(3) 狼煙へ

加賀から能登に入ると、なぜか空が突き抜けるように広くなる、ような感覚がある。そんな感覚に尻尾を捕まえようと走り続けると狼煙に辿り着く。その先は、もうない。天蓋に手が届きそうだ。 一昨年は自転車で来たが(何回かに分けて)、今回は自動車。その分…

珠洲へ(2) 蛸島廃駅へ

蛸島まで鉄道が来ていた、ということが未だに信じられない。そんな鉄道に乗りたかった、が、今は穴水まで。 廃駅の訪問は晩夏が似合う、と汗を拭いながら呟いてみた。

珠洲へ(1)  さいはてのきゃばれー

かつて佐渡への航路があった、ということに惹かれる。いつまでだろう。 夏日の日差しに軽い目眩を感じながら、締め切った建屋の窓越しに佐渡へ連なる海を覗いてみた。