K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

1972

Bill Evans: Serenity (1972) Fantasy盤を凌駕する?ほどの良好な録音

Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds) recorded: Feb 6, 1972 at la Maison de la Radio, Paris.

Thelonious Monk: The Last Concerts (1972, 1975, 1966) 立ち枯れの樹木のような

Thelonious Monk(p), Paul Jeffrey(ts), Larry Ridley(b), T.S. Monk(ds) Newport Jazz Festival in New York", Lincoln Center, New York, Thursday, July 3, 1975. Thelonious Monk(p), Paul Jeffrey(ts), Dave Holland (b), T.S. Monk(ds) Village Vangua…

Maurizio Pollini: Strawinsky/Petrouchka, Prokofieff/Sonate Nr. 7 Op. 83 (1972) 納涼クラシックピアノ?

Maurizio Pollini(p) Engineer: Heinz Wildhagen Photography: Paolo Gianbarberis Producer: Karl Faust

Sonny Rollins: Next Album (1972) CDで聴いてみたが

Sonny Rollins(ts, ss), George Cables(p), Bob Cranshaw (b), Arthur Jenkins (perc on A1, B1), David Lee (ds on A2, B1, B3), Jack DeJohnette (ds on A1, B2) Engineer: Elvin Campbell Mastered by Ray Hagerty Producer: Orrin Keepnews Recorded (Ju…

Bill Evans: The 1972 Ljubljana Concert (1972) Tony Oxleyを聴きたくて

Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Tony Oxley(ds)

Bobby Hutcherson, Harold Land, Bill Evans, Eddie Gomez, Archie Shepp, Karin Krog: Live At The Festival (1970, 72, 73) この時代のジャズへの偏愛を

Recorded at Festival Ljubljana, Yugoslavia

Bill Evans: Two Super Bill Evan's Trios– Live In Europe! (1965, 69, 72) Bootの安レコードだけど

A1-A3: recorded in Italy, Feb. 1972 A4: recorded in Pescara, Italy, July 18, 1969 Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds) B1-B4 recorded in France, Feb. 1965 Bill Evans(p), Chuck Israel(b), Larry Bunker(ds)

Bill Evans, George Russell Orchestra: Living Time (1972) ジョージ・ラッセルのアルバムとして聴いたら

Bill Evans(p, el-p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds) George Russell(cond, arrenger, composer) Joe Henderson(ts), Jimmy Giuffre(ts, fl, cl), Sam Rivers(ts, fl, oboe), Howard Johnson(flh, tuba, b-cl), John Clark (fr-horn), Dave Baker, Garne…

高橋悠治: 武満徹/ Miniatur III Art Of Toru Takemitsu (1972-73) 光を強めたり、闇を深めたりする効果

高橋悠治(p) 1973年4月(A), 1972年11月(B) 東京,ポリドール・スタジオ

高橋アキ: Piano Space (1972-73) 曖昧な媒体だから

高橋アキ(p)

Keith Jarrett: France 1972 キース・ジャレット・トリオの振れ幅

Keith Jarrett(p, ss, fl), Charlie Haden(b), Paul Motian(ds) Live At Gran Studio 104 In Paris June 9th 1972

佐藤允彦, Gary Peacock: Samadhi (1972) Gary Peacockの日本での録音(続き)

佐藤允彦(p), Gary Peacock(b), 日野元彦(ds) Recorded March 3, 1972.

Byard Lancaster: Sounds Of Liberation (1972) 1970年頃のこんな感じの音は好み

Byard Lancaster(as), Khan Jamal (vib A1, A2), Monnette Sudler (g on B1, B2), Billy Mills(b), Dwight James(ds), Rashid Salim, Omar Hill(perc) Recorded March 1972. Dogtown Records. Recorded at Impact Sound, Philadelphia.

Dollar Brand, Don Cherry, Carlos Ward: The Third World-Underground (1972) 音の軌跡が大きく遊んでいるので

Dollar Brand(p), Don Cherry(tp, vo, perc), Carlos Ward(as, vo, perc) Recorded live in Jazz-House Montmartre, Copenhagen November 14, 1972

Jimmy Heath: The Gap Sealer (1972) やはり1970年代のジャズは美味しい

Jimmy Heath(ts,ss,fl), Kenny Barron(p), Bob Cranshaw(el-b), Al "Tootie" Heath*(ds), Mtume(perc) Recorded March 1, 1972.

Jeremy Steig: Fusion (1972) ヤン・ハマーの電気ピアノがいい

Jeremy Steig(fl), Jan Hammer(p, Gong), Gene Perla(b), Eddie Gomez (b on B1, B3), Don Alias(ds, perc)

Keith Jarrett: Hamburg Concert (1972) 非ECM的な部分が

Keith Jarrett(p, fl,ss,perc), Charlie Haden (b), Paul Motian (ds, perc) Live Funkhaus, Hamburg, Germany June 14 1972

Don Cherry: Universal Silence (1972) 彼らの遊戯空間を体験できる愉しいレコード

Don Cherry(tp, fl, perc, vo), Dollar Brand(p, fl, perc, vo), Carlos Ward(as, fl, vo) Recorded live November 3, 1972

Arthur Verocai (1972) 夜中に寝ぼけて釣られるのも悪くないな

Arthur Verocai(g, vo)

Keith Jarrett: Expectations

とても開放的で脳天気にすら感じさせるキース・ジャレット

Sam Rivers: Hues

先週の買い物で、(多分、全部聴いていないけど)このアルバムが一番じゃないかなあ。リヴァースのサックス(いや音楽だね)に魅了された。純度が高いジャズだから。BNの4000番台的な音の延長線でありながら、しっかりと1970年代のパルス的ビートの上で音を…

Alexander Von Schlippenbach: First Recordings (1972) シュリッペンバッハのレコード

今年は頑張ってライヴに出かけたが、白眉はシュリッペンバッハ・トリオだった。 シュリッペンバッハは苦手、1980年頃に聴いたグローブ・ユニティのライヴでそう感じた、ことを今まで引っ張っていたが、間違いであることが分かった。 ということで、少し聴き…

Stanley Clarke: Children Of Forever (1972) 知らなかったクラークの初リーダ作

先週、高円寺で求めたレコード。 スランリー・クラークも「当時の」チック・コリアも好きなので、気になっていたアルバムで、最近、何店かで見かけて、ついに購入したもの。 実は長い間、このアルバムの存在は知らなかった。ジャズを聴きはじめた1979年時点…

Bobby Pierce: Introducing Bobby Pierce (1972) これも安レコードの類い、だけど

これも安レコードの類い。パット・マルティーノとロイ・ブルックスの名前に引かれて購入。マルティーノが全面に出るA1、B1はそれで満足。あの頃のマルティーノそのもの。小気味よくフレーズを切り続ける。 案外良かったのはピアスのヴォーカル2曲。70年代の…

Anthony Braxton: Dona Lee (1972) ヴェクトルが反転したときに

なんで長い間、ブラックストンにあまり手が出なかった、かと云うと、コリアとのサークルが面白くなかった、から。とは云え、同年のタウンホール(トリオレコードの偉業)は気に入りだったので、やっぱり何でだろう。なんか小難しい化学式を真似た曲名が気に入…

The Art Ensemble Of Chicago: Bap-tizum (1972) AEOCとの縁の薄さ

AEOCには縁が薄い。1984年(だったか)来日のとき、当日券があると思って関内ホールに行ったが、売り切れの張り紙で呆然。生で聴き逃した。実は、その時点でレコードを聴いていない。いや「ラジオのように」での客演だけかな。 この手の音はライヴから入り、…

Roland Kirk:I, Eye, Aye (1972)  暑気払い、の一枚

Roland Kirk:I, Eye, Aye: Live at the Montreux Jazz Festival,1972(Rhino) Roland Kirk(reeds), Ron Burton: piano, Henry "Pete" Pearson(b) Robert Shy(ds), Joe Habad Texidor(perc) 1972年6月24日 録音 60年代のKirkを紹介したら,70年代の一枚が気に…

Rolf Kühn: The Day After (1972) ヴァスコンセロスの打楽器が淡い彩りを

フィル・ウッズを迎えたキューン兄弟の盤。2種類のトラックがある。 ウッズが入ったトラック(A1,B1)は、ウッズの世界。グルンツとのヨーロピアン・リズム・マシーンと同じようなスピード感が楽しい。ヨアヒム・キューンのピアノも新主流派的な快演。速度感…

Donny Hathaway: Live (1972) これもまた

今朝、このレコードを磨いた。ATCOの初期プレスなのだけど、盤質はイマイチでスクラッチノイズが多い。例のアルカリ電解液と繊毛ブラシで磨くと、かなり復活。しかも音の鮮度が向上。1970年代の米盤の「チープだけど、パンチは立派」な音が蘇る。ライヴの臨…

Paul Bley & Scorpio (1972) 早く聴くべきだったレコード

昨日届いたブレイの「電化アルバム」。早く聴くべきだったレコード。はじめて買ったディスクガイドで否定的であった、ことが擦り込まれていた、のだと思う。 後年のペデルセンとのデュオでなかなか聴かせた電気ピアノがグルーヴする快感、が潜んでいる。チッ…