K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

レコード

Many kinds of Blue trains:BN1500番代のKevin Grayカッティング盤

昨年末にエヴァンスのWaltz for DebbyとSunday at Village Vanguardで、Kevin Gray盤の良さを知ってから,結局,目一杯手を出してしまった。 その数は100枚を超えた(と思う)。昨年、キング盤や東芝盤である程度揃えたが悔やまれる(という程でもないが)。…

Chick Corea: Now He Sings, Now He Sobs (1968) Tone Poetで聴くと(Kevin Grayのremastering)

Chick Corea(p), Miroslav Vitous(b), Roy Haynes (ds) Producer: Sonny Lester

レコード棚の様子(Kevin Gray盤を入れて)

Kevin Grayの再マスタリング・カッティングのBN盤にハマった。集まったレコードの整理。上段右はRVG刻印盤、上段左から中段右端はKevin Gray盤。Tone poet seriesは凄い場所取り。ジャケットなんか厚くなくて良い。あとはキング、東芝、その他の欧米盤(DMM…

Herbie Hancock: Inventions and dimensions (1963) ハンコックにはトリオ演奏がほとんどないが

Herbie Hancock(p), Paul Chambers (b), Willie Bobo(ds), Osvaldo "Chihuahau" Martinez (perc) Recorded by Rudy Van Gelder at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey Recorded on August 30, 1963. LP Mastering: Kevin Gray

Herbie Hancock: The Prisoner (1969) 過渡期ではあるが案外面白い

Herbie Hancock(p, el-p), Johnny Coles(flh), Joe Henderson(ts,alto-fl), Buster Williams(b), Albert "Tootie" Heath(ds), Garnett Brown(tb), Jack Jeffers, Tony Studd(b-tb), Hubert Laws, Jerome Richardson(fl), Jerome Richardson, Romeo Penque(b-…

[追記] Blue NoteのTone poet seriesについて(Kevin Grayの音)

ビル・エヴァンスのOJC再発で知ったRe-mixのKevin Gray: このKevin GrayがBlue Noteの再発Tone poet seriesでもre-mixを行っていると知った: Tone Poet Series トーンポエット・オーディオファイル・ヴァイナル・リイシュー・シリーズは、当社の最高級ヴァ…

Bill EvansのVillage Vanguard sessionのOJC再発2枚の録音について(Kevin Grayのremix)

#NowPlaying #jazzSunday at 研究。新OJC、本当に、良く出来ています◎ pic.twitter.com/2mewjGm1L9 — jazzinformation (@jazzlifeinfo) 2023年12月9日 このPostで知った再発盤(再発であるOJCの再発)。ビル・エヴァンスのVillage Vanguardでの録音。最初買っ…

Bill Evans: Tales- Live in Copenhagen (1964, 1969) 買うべし、のレコード

Bill Evans (p), Chuck Israels (b), Larry Bunker (ds) Danish Radio, Radiohuset, Copenhagen, August 10, 1964 TV-City, Copenhagen, August 25, 1964. Bill Evans (p), Eddie Gomez (b), Marty Morell (ds) Stakladen, Aarhus, Denmark, November 21, 19…

BlankFor.ms: In Part (2023) 音楽の始原的な有り様に遡行するような

BlankFor.ms: In Part (2023, Mystery Circles)A1. Ardor (Part One) (BlankFor.ms) 4:11A2. Ardor (Part Two) (BlankFor.ms) 4:07A3. Inside (BlankFor.ms) 9:01B1. Formal (Parts One and Two) (BlankFor.ms) 8:19B2. Round (BlankFor.ms) 3:33B3. Roam (F…

BlankFor.ms, Jason Moran, Marcus Gilmore: Refract (2023) 今年聴いた新譜のなかでも最高、いや、ここ数年で最高のアルバム

BlankFor.ms (electronics, tape loops, processing). Jason Moran(p), Marcus Gilmore(ds) Engineer: Amon Drum Mixing: Rick Kwan Mastering: Taylor Deupree Producer: Sun Chung Recorded on 26-27 May 2022, at The Bridge Studio, Brooklyn NY

(ECM1221) Adelhard Roidinger: Schattseite (1981) すっかり忘れていた独のベース奏者だけど直球の1980年代ECM

Adelhard Roidinger(b), Heinz Sauer(ts), Werner Pirchner(vib, marimba), Bob Degen(p), Harry Pepl(g), Michael DiPasqua(ds, perc), Aina Kemanis(voice) Design: Dieter Rehm Cover Photo: Christian Vogt Liner Photo: Kurt Schirl Engineer: Martin W…

Miles Davis: In concert at the Olympia Paris 1957 マイルス・デイヴィスの管の音の魅力を優雅に支えている

Miles Davis (tp except B2, C1, D1), Barney Wilen (ts except A3), René Urtreger (p), Pierre Michelot (b), Kenny Clarke (ds) Recorded live at the Olympia, Paris, November 30, 1957

須川崇志: MASKS(2022) 「レコードの日」のLP盤

須川崇志(b), 林正樹 (p), 石若駿(ds) Engineer: Akihito Yoshikawa Recorded at Studio Dede, Tokyo on Oct., 2022.

坂本龍一: BTTB (1998) 眠るように聴きたい

Ryuichi Sakamoto(p, others) Recording: Fernando Aponte, Masahiro Matsuda, Ryuichi Sakamoto Engineer: Mimiko Saito, Yoshio Ohira, Tomoko Yanagida Mastering: Yuka Koizumi Mixing: Fernando Aponte, Ryuichi Sakamoto Producer: Ryuichi Sakamoto R…

Daniel Villarreal: Lados B (2020) とにかくJeff Parkerがしっかり聴けるから

Daniel Villarreal: Lados B (2020, International Anthem Recording Company)A1. Traveling WithA2. Sunset CliffsA3. RepublicA4. Chicali OutpostA5. Bring ItB1. SaluteB2. Daytime NighttimeB3. Things Can Be CalmB4. Rug MotifDaniel Villarreal(ds, …

Duke Pearson: I Don't Care Who Knows It (1968, 69, 70) 未発表セッションからの「発掘盤」

Set A: Duke Pearson(p), Burt Collins(tp), Kenny Rupp(tb), Frank Foster. Lew Tabackin (ts), Jerry Dodgion (fl,as), Ron Carter (b), Mickey Roker (ds) Set B: Duke Pearson(p) , Bobby Hutcherson (vib), Al Gafa (g), Bob Cranshaw (b), Mickey Roke…

浅川マキのディスコグラフィー(晩年のCDがLP化)

浅川マキはCDの音に耐えられなくなり、アルバムを出すのを止めた、という。 そんな彼女の晩年のアルバム2つがLP化。さて、LPらしい音になっているのだろうか。

まずは自分の家の棚から

レコード棚から発見。最近探していたレコード。きっとAwakingが良かったから買ったんだろうな。全く記憶にない。レコード屋漁る前に、自分の家の棚を漁らなきゃね。

Slam Stewart, Bucky Pizzarelli: Dialogue (1978)あのアルコとユニゾンの鼻歌をたっぷり堪能

Slam Stewart(b, voice), Bucky Pizzarelli(g) Engineer: Les Paul Jr. Producer: Bernard Brightman

Houston Person: The Talk Of The Town (1987) なんか軽すぎて

Houston Person(ts), Cecil Bridgewater(tp), Stan Hope(p), Buster Williams(b), Grady Tate(ds), Ralph Dorsey(perc) Recorded at Van Gelder Studio, Englewood on Jan. 23, 1987. Engineer: Rudy Van Gelder Producer: Houston Person

レコードのある暮らしではあるが

レコードのある暮らしではあるが、全く優雅な感じではない。梅雨の時期から遠出が多く、部屋は荒れ放題。なので今回の連休は掃除。 森田療法で云われるまでもなく、掃除は釣りと同じくらい精神的に良い。目先に集中できるから。床掃除、水回り、便所の掃除を…

Bill Evans: Live At Balboa Jazz Club Vol. 4 (1979) 録音の良し悪しを飛び越えた美音

Bill Evans(p), Marc Johnson(b), Joe LaBarbera(ds) Private tape, recorded live at Balboa Jazz Club in Madrid, Spain on December 12, 1979.

Freddie Hubbard: A Little Night Music(1981) キーストン・コーナーでのライヴ続編

Freddie Hubbard(flh, tp), Joe Henderson(ts), Bobby Hutcherson(vib), Billy Childs(p) Larry Klein(b), Steve Houghton(ds) Engineer: Baker Bigsby Mastering: George Horn Mixing: Ms. Bolognini, Jamie Bridges Producer: Ed Michel, Freddie Hubbard …

Freddie Hubbard: Keystone Bop (1981) あの頃のジャズ

Freddie Hubbard(flh, tp), Joe Henderson(ts), Bobby Hutcherson(vib), Billy Childs(p) Larry Klein(b), Steve Houghton(ds) Engineer: Baker Bigsby Mastering: George Horn Mixing: Ms. Bolognini, Jamie Bridges Producer: Ed Michel, Freddie Hubbard …

Bob Brookmeyer And Friends (1964) 録音と編曲の良さ、そしてゲッツの響き

Bob Brookmeyer(Valve tb), Stan Getz(ts), Gary Burton(vib), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Elvin Jones(ds) Producer: Teo Macero recorded May 27, 1964 at Columbia 30th Street Studio, New York City.

DU Jazz Tokyo:つい買いすぎた15アルバム。

金沢に戻る前にひと掘り。11時の開店とともに入る。つい買いすぎてしまった。 売り場で気になったのは、1970年代のレコードがVintage分類に本格的に入り始めたこと。そっかー、って感じだね。半世紀過ぎたしねえ。 ドルフィーのブート2枚。なんとなく他のア…

Peter Evans: Into the silence (2019) 深い無音に落ちていく音の包絡線

Peter Evans (tp) The complete performance from Evans' first trip to China, on the invitation of Old Heaven Books & Records and the OCT-LOFT Jazz Festival in October 2019.

Joni Mitchellの新譜2つ

先週、バンコクから帰って来たら入着していたレコード。ジョニ・ミッチェルの新譜2つ。何れも公式盤。 一つは文字通りの新譜で、病床にあることが伝えられて久しいジョニの奇跡的なステージでのライヴ録音。 もう一つはアーカイヴシリーズ。過去、このシリー…

Miles Davis: Walkin' (1954)  驚きのルディ・ヴァン・ゲルダーの疑似ステレオ・リマスター

Miles Davis(tp), J.J. Johnson (tb on A1, A2), Dave Schildkraut(as on B1 to B3), Lucky Thompson (ts on A1, A2), Horace Silver(p), Percy Heath(b), Kenny Clarke(ds)

Bill Evans: Undercurrent ( Mobile fidelity sound lab盤) 好みの音で再発(購入すべき1枚)

名古屋出張中に,この広告を読んで,つい手を出してしまった。ベルリンから帰って来たら、届いていた: この広告の下記文面に好奇心が高まった、という訳: ちなみにヴィニールの材質が悪いといわれるオリジナル盤は見た目綺麗でもチリパチノイズが入ること…