K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

Thelonious Monkのディスコグラフィーと保有盤(ゆっくりやります)

[2020-8-12] 休みを利用しレコードは記入。BYG/Black Lionあたりがもう様々な編集で出ていて悩ましい。録音がまともなだけに気になる。 。[2020-07-26] モンクも整理しよう。 https://www.jazzdisco.org/thelonious-monk/catalog/album-index/ 1941 (age 24)…

夕立

ゆっくりと夕立がやってくるのを待ち、去るのを待つ。 そんなゆったりとした時間を過ごす、のも悪くない。虹が見えていた。

Marvin Peterson And The Soulmasters In Concert (1968) 発掘盤って、概してそうだよね

Marvin Peterson(tp), Cleveland Gay(tb), Tim Peterson (ts, as), Mike Campbell (as), Eugene "Gov" Carrier*(org), Eugene "Spare Time" Murray, Richard "Dick" Thompson)b), Emry "Wild Child" Thomas(ds) Recorded in concert live at the Burning Bus…

Byard Lancaster: Sounds Of Liberation (1972) 1970年頃のこんな感じの音は好み

Byard Lancaster(as), Khan Jamal (vib A1, A2), Monnette Sudler (g on B1, B2), Billy Mills(b), Dwight James(ds), Rashid Salim, Omar Hill(perc) Recorded March 1972. Dogtown Records. Recorded at Impact Sound, Philadelphia.

Eric Dolphyのディスコグラフィーと保有盤の整理

保有LP入力。次はディジタル音源の整理

ようやく夏の夕暮れ

猛暑と引き換えに、秋の予感を孕んだ夕暮れが。

夏の野菜を

辰巳農園の枝豆をようやく。これを食べないと、夏にならない。 収穫量が落ちてるそうで、販売所も絞ったらしい。販売所を聞いてから、買いに行った。 旨い。 これは河北の小菊かぼちゃ。 割ると普通のかぼちゃと違う。ズッキーニにやや近い。 煮物に

(ECM1670) Paul Bley: Not Two, Not One (1999) ニュー・ヨーク録音の魅力

Paul Bley(p), Gary Peacock(b), Paul Motian(ds) Recorded January 1998 Avatar Studio, New York

(ECM2373) Paul Bley:PLAY BLUE - Oslo Concert (2008) 所々の微毒の苦さに

Paul Bley(p) Recorded live August 2008 at Kulturkirken Jakob, Oslo Jazz Festival

用水脇を歩く

気温が急上昇。ランニングを散歩に。 猛暑なのだけど秋の気配も漂うお盆前。

石橋英子: Hyakki Yagyō (2020) ただ聴き手の感情を静かに揺さぶるだけで

石橋英子(synth, acoustic sounds, fl), Jim O’Rourke (double bass), Joe Talia

David Virelles: Transformación del Arcoiris (2020) 暫し現世からの離脱感を味わうような

David Virelles(JUNO - 6, piano, sampler), Los Seres(perc), Marcus Gilmore(MPC drums on “Tiempos”)

Thelonious Monk: Monk's Dream (1963) そう何もかも良い条件が揃ったアルバム

Thelonious Monk(p), Charles Rouse(ts), John Ore(b), Frank Dunlop(ds) Producer: Teo Macero Recorded on Oct. 31, Nov. 1, 2 & 6, 1962, at Columbia 30th Street Studio, New York City.

Thelonious Monk : Thelonious (1952) 後年よりもずっと軽やかな

Thelonious Monk(p), Gary Mapp(b), Art Blakey (ds onA1 to A4), Max Roach (tds on B1 to B4) Engineer: Rudy Van Gelder Recorded in Hackensack, NJ; October 15, 1952 (A1 to A4) and December 18, 1952 (B1 to B4).

梅雨が明けたので

仕事が立て込んでいたので、鬱々と眠れない日々が続いた。時間に対する切迫感もあるし、梅雨の長雨もあり、屋外には出ず、クルマ通勤の日々。 梅雨明け頃に仕事もひと段落。そんな訳で自転車で通勤開始。酷暑の夕暮れでも、川からの風は優しい。