K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

最初に買ったPharoah Sandersのレコード

このレコードを買ったのは1979年か80年頃。京都三条の十字屋の店頭に新譜として飾ってあった。当時、学校の帰途、良く輸入盤を見に行っていた。その後は少し安価なDanとかRiversideに行く事になったけど。
シールドを破ると広がる輸入盤特有の匂い、米盤ジャケット特有のインクだろうね、が強烈だった記憶。今も少し残っていた。
コルトレーン晩年の共演者、としか知らなかった。コルトレーンのヴィレッジヴァンガードでのライヴで初めて聴いたけど、当時、フリーキーな音に馴染めなかった。
このアルバムでは特にヒックスとの共演トラックが良かった。この後のライヴ盤がストライク。その頃はまだ40前だったんだな。それから40年以上聴いてきたのか。
安らかに。
追記: 最近インパルス盤をゆっくり蒐めだしたのだけど、価格高騰で辟易。高価な再発盤を買うくらいなら日本盤でも、と思っていたが、それすら。

Whynotのdiscographyと保有レコード

ディッカーソンの入着盤追加。あとレコードはドナルド・スミスと片岡輝彦。レコードの難易度高し。さらにディッカーソンの残りテイク?がCDで出ているが未入手。

[2022-08-10]入着の2枚追加

残りは

001 / 7118 Walt Dickerson Tell Us Only the Beautiful Things 1975
011 / 7154 Donald Smith, Cecil McBee, Jack DeJohnette LUV 1976
015 / 7158 Teruhiko Kataoka Love Walking 1977
MTCJ 2009 Walt Dickerson Walt Dickerson 1976 1976

[2020-02-01]
Charles Sullivan追加。

[2019-09-21]

Whynotは 悠雅彦プロデュースのレーベル。トリオレコードから販売。トリオ・レコードの硬派なクロニカル指向はとても貴重で、それをさらに純化したレーベルだと思う。プロデュースは最高の質の音楽を選ぶことで、余計なものを足すものではない、が伝わる。India Navigation, HOROとともに気になるレーベル。

f:id:kanazawajazzdays:20180919074225j:plain

f:id:dailymusiclog:20190921120403j:plain

f:id:dailymusiclog:20200201190711j:plain

001 / 7118 Walt Dickerson Tell Us Only the Beautiful Things 1975[LP]
002 / 7119 George Cables Why Not 1975 [LP]
003 / 7120 Air Air Song 1975 [LP]
004 / 7121 Muhal Richard Abrams Afrisong 1975 [LP]
005 / 7122 Joe Bonner, Clint Houston, Billy Hart Triangle 1975 [LP]
006 / 7123 Monty Waters The Black Cat 1975 [LP]
007 / 7150 Fumio Karashima Piranha 1975  [LP]
008 / 7151 Joe Lee Wilson Shout For Trane 1976 [LP]
009 / 7152 Charles Sullivan Re-Entry 1976 [LP]
010 / 7153 Ted Curson Blue Piccolo 1976  [LP]
011 / 7154 Donald Smith, Cecil McBee, Jack DeJohnette LUV 1976
012 / 7155 Chico Freeman Morning Prayer 1976  [LP]
013 / 7156 Air Air Raid 1976  [Indianavigation/LP]
014 / 7157 Andrew Cyrille Junction 1976  [LP]
015 / 7158 Teruhiko Kataoka Love Walking 1977
016 / 7159 Fumio Karashima Landscape 1977 [LP]
017 / MTCJ 2009 Walt Dickerson Walt Dickerson 1976 1976==>CDのみ
018 / PAP 25032 Kenny Barron Imo Live 1982 [LP]

Charles Stepney:  Step On Step (2022) 風に乗って流れるような聴き方が

Primary

Charles Stepney:  Step On Step (2022, International Anthem Recording Company)
Instrumentation(el-p, Vib, etc), Recording:  Charles Stepney
Producer, Narrator : Chanté Stepney, Charlene Stepney, Eibur Stepney
-----------------------------------------

International Anthemの新譜はいつも気になる。アヴァンギャルドな風味が効いた様々な音、混沌とした感じが気分に合う。そこから出た新譜?が面白い。

1976年に心臓麻痺で45歳で亡くなったピアノ・ヴィブラフォン奏者チャールズ・ステップニーの初リーダ作。自作自演の残されたテープらしい。ピアノやヴィブラフォンの音が気儘に綴られている。

チャールズ・ステップニーは1960年代にエディ・ハリスやラムゼイ・ルイスと共演:

Charles Stepney - Wikipedia

ラムゼイ・ルイス・トリオのドラムがモーリス・ホワイトで、その彼のバンドEW&Fのプロデューサで名を残したようだ:

結構、1970年代の電気ピアノの音が好きなので聴きはじめた。隣家の煩いラジオが漏れ聴こえる、そんな風に乗って流れるような聴き方が実に気持ち良い(だからレコードではなくて、携帯機器のストリーミングでも良いのだ)。中盤以降、環境音・会話などに溶け込む音が煌めく。このあたりに中毒性がある。後半以降のヴィブラフォンが何ともジャズで聴かせる。

open.spotify.com

 

Step on Step

Step on Step

Amazon

 

 

聴きたかった音かどうか

やはり先週届いたレコード。大友良英とHACO。

昨日のOn the cornerで書いた「聴きたかった音」に、これらのレコードも連なる。どうも大友良英の面白さ、って分からないのだけど、少し大きな音でこれを聴くと、音の細部の滲み方が面白かったので、なるほど、と思った。面白さ、を感じさせないのは真面目さ、のような気がする。内的な揺れがなく緻密なのだ。

HACOの昔の作品の再発だけど、最近聴いた10年くらい前の音とさほど変わらず、面白かった(変わらず、というのは聴き手に与える心象、が)。

f:id:dailymusiclog:20220923123402j:image

Miles Davis: On The Corner(1972) ずばり今、聴きたい音

Primary

Miles Davis: On The Corner(1972, Columbia)
A1. On The Corner. (Miles Davis) 2:58
A2. New York Girl. (Miles Davis) 1:32
A3. Thinkin' One Thing And Doin' Another. (Miles Davis) 6:45
A4. Vote For Miles. (Miles Davis) 8:45
A5. Black Satin. (Miles Davis) 5:16
B1. One And One. (Miles Davis) 6:09
B2. Helen Butte. (Miles Davis) 16:06
B3. Mr. Freedom X. (Miles Davis) 7:13
Miles Davis(tp), Bennie Maupin (b-cl on A2), Carlos Garnett (ss, ts on A2, B1, B2), Dave Liebman (ss on A1)Chick Corea, Herbie Hancock, Harold I. Williams(key), David Creamer (g on  A2, B1, B2), John McLaughlin (on A1), Collin Walcott (Sitar on A1, B1, B2), Khalil Balakrishna (Sitar on A2)Michael Henderson(b), Al Foster, Billy Hart, Jack De Johnette(ds), James Mtume(perc),  Badal Roy(tabla), Paul Buckmaster(arr)
Engineer: Russ Payne, Stan Tonkel
Producer : Teo Macero
----------------------------------------------------------

最近は楽しめる音源のピックアップに苦しむ感じが嫌で、なかなか音を聴くことができないことが多い。困ったことだ。フィットする音が日々移ろうので困る。

とは思いながらも、整った音、よりも気分で聴こえ方が変わる、というか、輪郭がグレーで、気分で好きなように捉えられる、そんな音源に惹かれれているような気がする。そんな気付きがあったので、ターン・テーブルに載せてみる。手元にあるのはCBSソニー盤。ビッチェス・ブリューからアガルタまではプレスを気にしていない。個別の楽器の響き、を聴いている訳じゃないから。

ずばり今、聴きたい音。サックスの音、どころかマイルスのトランペットの音すら耳の奥に届かない。グルーヴの塊のようなもの、がムニャっと頭に入ってくる。これが良い。楽器の音が融解していて、マイケル・ヘンダーソンのミニマルな繰り返しとエムトゥーメの色彩豊かな打音を核に、纏わりついている。

このアルバムの混沌さ、が全く好みでなかった筈で、このアルバムの無駄な音を削ぎ落としたようなアガルタ、あたりのライヴ盤が好きだった、筈。なのだけど、実はアガルタあたりの美味しさの素が、無造作にぶちまけられている、ことに驚いてしまった。聴き直してみるものだ。このグルーヴ感・色彩感をライヴで実現したのが、アガルタ、だったのだ。

 

f:id:dailymusiclog:20220923123226j:image

オン・ザ・コーナー

オン・ザ・コーナー

Amazon

 

昨夜のアルバム(おうち金沢ジャズストリート)

どうも人混みは苦手なので、イベントには出かけていない。街の喧騒を外れて、おうちでレコード。

なんとなくEAST WINDシリーズ。

f:id:dailymusiclog:20220919072545j:image

ビールは用意して。最近は家では呑まないが。

美しいアート・ファーマーの1ホーンアルバム。
f:id:dailymusiclog:20220919072537j:image

バックの佐藤允彦他の日本勢が素晴らしい。
f:id:dailymusiclog:20220919072548j:image

中庸なアルバムなんだけど、凄いぞ。
f:id:dailymusiclog:20220919072541j:image

日本フォノグラム・East Windのディスコグラフィー

改めて聴き直しているが、良いアルバムが多い。

イースト・ウィンド

EW    アーティスト    アルバム名    録音年
[LP]7001 / 8001    菊地雅章    イースト・ウィンド - East Wind    1974
7002    ダラー・ブランド    アフリカン・ブリーズ - African Breeze    1974
[LP]7003    峰厚介    アウト・オブ・ケイオス - Out of Chaos    1974
[LP]7004    益田幹夫    トレイス - Trace    1974
[LP]7005    本田竹曠    サラーム・サラーム - Salaam Salaam    1974
[LP]7006 / 8006    富樫雅彦    ソング・フォー・マイセルフ - Song for Myself    1974
[LP]7007 / 8007    アン・バートン    バイ・マイセルフ・アローン - By Myself Alone    1974
[LP]7008    日野皓正    スピーク・トゥ・ロンリンネス - Speak to Loneliness    1975
[LP]7009 / 8009    シダー・ウォルトン    ピット・イン - Pit Inn    1974
7010    サム・ジョーンズ    セヴン・マインズ - Seven Minds    1974
[LP]7011    大野俊三    サムシングズ・カミング - Something's Coming    1975
[LP]7012 / 8012    アート・ファーマー    トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ - To Duke with Love    1975
[LP]8013    富樫雅彦    スピリチュアル・ネイチャー - Spiritual Nature    1975
8014    オリヴァー・ネルソン    ストールン・モーメンツ - Stolen Moments    1975
8015    エア・ポケット    フライ・オン - Fly On[3]    1975
[LP]8016    日野皓正    ライヴ・イン・コンサート - Live in Concert    1975
[LP]8017    アンドリュー・ヒル    オマージュ - Hommage    1975
8018    ロニー・マシューズ    トリップ・トゥ・ジ・オリエント - Trip to the Orient    1975
8019    デヴィッド・フリードマン    ウィンター・ラヴ、エイプリル・ジョイ - Winter Love, April Joy    1975
8020    増尾好秋    111 サリヴァン・ストリート - 111 Sullivan Street    1975
[LP]8021    ハンク・ジョーンズ    ハンキー・パンキー - Hanky Panky    1975
[LP]8022    渡辺貞夫    パモジャ - Pamoja    1975
[LP]8023    アル・ヘイグ    チェルシー・ブリッジ - Chelsea Bridge    1975
8024    シーラ・ジョーダン    コンファメーション - Confirmation    1975
8025    アート・ファーマー    イエスタデイズ・ソウツ - Yesterday's Thoughts    1975
8026    ドン・フリードマン    ホープ・フォー・トゥモロー - Hope for Tomorrow    1975
8027    川崎燎    プリズム - Prism    1975
8028    大野俊三    バブルズ - Bubbles    1975
[LP]8029    アンドリュー・ヒル    ブルーブラック - Blue Black    1975
[LP]8030    レジー・ルーカス    サヴァイヴァル・シームズ - Survival Themes    1975
8031    峰厚介    ソリッド - Solid    1975
8032    アンドリュー・ヒル    ネフェルティティ - Nefertiti    1976
[LP]8033    山本剛    ダフード - Daahoud    1975
8034    ジョー・リー・ウィルソン    ヘイ・ルック・アット・ユー - Hey Look at You    1969
8035    川崎燎    エイト・マイル・ロード - Eight Mile Road    1976
8036    ジュニア・マンス    ホリー・ママ - Holy Mama    1976
[LP]8037    渡辺貞夫 & グレイト・ジャズ・トリオ    アイム・オールド・ファッション - I'm Old Fashioned    1976
8038    峰厚介    サンシャワー - Sunshower    1976
8039    益田幹夫    ミッキーズ・マウス - Mickey's Mouth    1976
[LP]8040    レニー・トリスターノ    メエルストルムの渦 - Descent into the Maelstrom    1976
[LP]8041    日野皓正    寿歌 - Hogiuta    1976
[LP]8042    アート・ファーマー    アット・ブーマーズ - Art Farmer Quintet at Boomers    1976
8043    東風 (こち)    ウィッシズ - Wishes    1976
8044    鈴木勲    ヒップ・ダンシン - Hip Dancin'    1976
8045    山本剛    ライフ - Life    1976
[LP]8046    グレイト・ジャズ・トリオ    ラヴ・フォー・セール - Love for Sale    1976
8047    アート・ファーマー    おもいでの夏 - The Summer Knows    1976
[LP]8048    渡辺貞夫    リサイタル - Recital    1976
8050    ウォルター・ビショップ・ジュニア    オールド・フォークス - Old Folks    1976
[LP]8051    サム・モリソン    砂丘 - Dune    1976
8052    アル・ヘイグ    デューク&バード - Duke 'n' Bird    1976
[LP]8053    グレイト・ジャズ・トリオ    アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード - The Great Jazz Trio at the Village Vanguard    1977
8054    ヒューバート・イーヴスIII世    エソテリック・ファンク - Esoteric Funk    1976
[LP]8055    グレイト・ジャズ・トリオ    アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード Vol.2 - The Great Jazz Trio at the Village Vanguard Vol. 2    1977
[LP]8056    グレイト・ジャズ・トリオ    KJLH - Kindness Joy Love & Happiness    1977
8057    ジャッキー・マクリーン・ウィズ・グレイト・ジャズ・トリオ    ニュー・ワイン・イン・オールド・ボトルズ - New Wine in Old Bottles    1978
8060    L.A.フォア    亡き王女のためのパヴァーヌ - Pavane pour une infante défunte    1976
8061    L.A.フォア    家路 - Going Home    1977
8062    グレイト・ジャズ・トリオ    マイルストーンズ - Milestones    1978
8063    ローリンド・アルメイダ    アランフェス協奏曲 - Concierto de Aranjuez    1978
8064    グレイト・ジャズ・トリオ    ザ・グレイト・トーキョー・ミーティング - The Great Tokyo Meeting    1978
[LP]8065    日野皓正    ライヴ・イン・ネムロ ホイール・ストーン(車石) - Live in Nemuro: Wheelstone    1978
8501    レインボー[4]    クリスタル・グリーン - Crystal Green    1978
[LP]9001-2    富樫雅彦    リングス - Rings    1976
[LP]10001    ジョー・サンプル、レイ・ブラウン、シェリー・マン    ザ・スリー - The Three    1975
[LP]10002    ザ・ペンタゴン    ザ・ペンタゴン - The Pentagon    1976
10003    L.A.フォア    = EW 8060    1976
10004    L.A.フォア    = EW 8061    1977
10005    グレイト・ジャズ・トリオ    ダイレクト・フロム L.A. - Direct from L.A.    1977


Hank Jones: Hanky Panky (1975) GJTよりも地味で滋味溢れるピアノ

Primary

Hank Jones: Hanky Panky (1975, East Wind )
A1. Nothin' Beats An Evil Woman. (Ray Rivera) 3:45
A2. Warm Blue Steam. (Sara Cassey) 4:36
A3. Confidence. (Pete Vuolo) 3:37
A4. Wind Flower. (Sara Cassey) 5:28
A5. Minor Contention. (Hank Jones) 3:51
B1. Favors. (Claus Ogerman) 6:32
B2. As Long As I Live. (Harold Arlen, Ted Koehler) 5:44
B3. Oh, What A Beautiful Morning. (Oscar Hammerstein II, Richard Rodgers) 5:43
B4. Hanky Panky. (Gary McFarland) 4:37
Hank Jones(p), Ron Carter(b), Grady Tate(ds)
Engineer: Dave Baker
Mastering: Darrell Johnson
Producer: Kiyoshi Itoh, Yasohachi Itoh
Recorded July 14th & 15th 1975 at Vanguard Sudio, N.Y.C.
---------------------------------------------------------------

ハンク・ジョーンズは1950年代こそサヴォイからリーダ作を出しているが、その後はあまり機会に恵まれなかった、らしい。

ボクがジャズを聴きはじめた1979年頃は、日本企画のGreat Jazz Trioで人気を博していて、日本が再発見した名奏者、って感じの扱いだったように記憶している。確かに、意表を突くトニー・ウィリアムスとの組み合わせ、その頃、ハンコックのVSOPで再注目されていた時期だった。凄くミスマッチがある組み合わせなのだけど、聴くと案外そうでもなくて、随分聴いたような気がする。

そんなハンク・ジョーンズの「再発見」(何か失礼なように思えるが)が、この盤だったらしい。

ドラムがウィリアムスからグラディ・ティトに変わっただけだが、アルバムの印象が180度異なる。ジョーンズがゆったりと前に出て、切れまくるようなエッジ感が全くなくなり、地味な味わい。いや地味ということではなくて、実は滋味が溢れ出ていて、聴き手をゆったりと包み込む。こっちのアルバムのほうが好みかな。同時期のMuse盤Bop Reduxとともに、いやBop Redux以上にハンク・ジョーンズの柔らかなピアノを味わう盤じゃないかな。

1975年の録音。マイルスがアガルタで極北まで行ってしまった頃。だからこそ、この地味、いや滋味溢れる盤が広く受け入れられた、のではないか、と思う。白眉はB1。クラウス・オガーマンのFavors。ヴィレッジ・ヴァンガードと比べると、曲の美しさが溶け込んだようなジョーンズのピアノに魅了された。これも大好きな1970年代のジャズを形作る音源の一角だし、それを日本制作盤で実現していることが素晴らしい。ヴィー**盤の見識を感じさせない企画モノとは次元が違う。 

録音はやはりDavid Baker。IAI、ECM、EWの彼の録音は好きだ。RVGの録音が持つ膜のようなものが取り払われた、そんな抜けた音が好み。

f:id:dailymusiclog:20220919070911j:image

ハンキー・パンキー

ハンキー・パンキー

Amazon

 

 

 

 

今朝のレコード

デヴィッド・シルヴィアンの再発レコードをゆっくり堪能。

f:id:dailymusiclog:20220917151739j:image

今田勝のスピード感溢れるピアノがよかった、かな。

f:id:dailymusiclog:20220917151804j:image

ハンク・ジョーンズの日本制作盤。EW盤は録音も良いし好みのレーベル。GJTのトニー・ウィリアムスに代わりグラディ・ティト。ぐっと趣味は良くなるし、収まりも良いが、地味といえば地味。地味も味のうちだけど。
f:id:dailymusiclog:20220917151808j:image

EWシリーズ。アート・ファーマー。これも地味というか滋味に溢れた一枚。趣味が良い。某ヴィー*スとは違う。シダー・ウォルトン、サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズ。
f:id:dailymusiclog:20220917151812j:image

届いたレコード(David Sylvian: Manafon)

21世紀に入ってから異世界に飛翔した(ボク的にはディレク・ベイリーやエヴァン・パーカーのcreditが加わりストライクの好みに入ってきた)、ようなディヴィッド・シルヴィアンの旧譜がレコード化。2回めのプレス。1回めのプレスが異様な高値なので嬉しい。

プレスが荒いのか、そもそも効果音で織り込まれているのか判然としない異音が目立つので、CDで再確認中。

それでも、レコードで聴くという感覚にヤラれているのだから、堪らんね。

f:id:dailymusiclog:20220916093201j:image

 

Peter Erskine: Live At Rocco (2000) ピアノ・トリオのドラマー達

Primary

Peter Erskine: Live At Rocco (2000, Fuzzy Music)
(Disc 1)
1. To Love Again    7:19
2. Riff Raff    8:22
3. Caribe (Intro)    6:10
4. Caribe (Body)    7:43
5. Life Today    8:52
6. Jerry Goldsmith    4:56
7. Greta    7:43
8. Bulgaria    9:36
(Disc 2)
1. How About You?    13:15
2. Autumn Rose    6:09
3. Pure & Simple    6:06
4. All Of You    9:20
5. Children    5:18
6. Milagro    11:36
7. Taiowa    7:59
Peter Erskine(ds), Alan Pasqua(p), Dave Carpenter(b)
-----------------------------------------------------------

1980年頃はWRの新譜を擦り切れるほど聴いていたから、当時、一番聴いていたドラマーかもしれない。ジャコ・パストリアスやウェイン・ショーターに耳が寄っていたのだけど、躍動的なアースキンのドラムも嫌いじゃなかった(当時ザヴィヌルには馴染めなかった)。

その後のアースキンは全く気にしていなかったので、よく分からない。ECMでジョン・テイラーとの共演していたし、聴かなくては、とは思っていたけど。

Twitterで、このアルバムを激賞している方がおられて、聴いてみると不思議なアルバム。

なんとも、緩い感じではじまるが、徐々にゆっくりと、そしてしっかりと掴まれてしまうのだ。ピアノの響きが実に美しいのだけど、自己陶酔的でもなく、ポイント・ポイントですっと美音を醸して、またするっと進めて行く感じ。そこに打楽器的な(打楽器胃なのだけど)乾いた打音が叩き込まれる。実に気持ち良い。ピアノはアラン・パスカ。同時期のpost cardのアルバムは一時凄く聴いた記憶がある:

ドラマーのピアノ・トリオで記憶に残るのはロイ・ヘインズかな:

ピアニストのトリオで記憶に残るのはやはりロイ・ヘインズかエルビン・ジョーンズ:

どのドラマーもヴァイタルだけど繊細。

これも、そんな名盤達と並べても良い、薫りを感じる。敢えて云うと、並べたアルバムと比べ少しだけ控えめで埋もれかけている、そこもまた良し、と思えるのだ。

追記:

録音も間違いなく好感の持てる良い録音。ECMの残響漬けを聴いた後だしねえ。

 

 

Three Blind Mice (TBM)レーベルのディスコグラフィ

[2022-9-14]

新着品メンテナンス

[2022-7-16]

新着品メンテナンス

[2021-8-31]

再発CD追加。

[2021-06-18]

ボクがジャズを聴きはじめた1979年、TBMはすでに独立系ではなく日本フォノグラム傘下、TBM(P)の番号の頃。その頃から、ゆっくりと購入している。

最近になって小川本も出て、改めて沿革を知ったりしている:

 近年、TBMのCD再発が続いている。実は保有盤の殆どがLPレコードでCDはあまり持っていない。実は高価になりすぎたレコードよりも安いCDで欲しい。特にトリオ期のレコード盤よりはCD再発のほうが音が良い。

保有状況を確認するための土台。徐々にアップデートの予定。

f:id:dailymusiclog:20210619083121j:image

 

[CD][LP2501] TBM-1 峰厚介 Quintet - Mine (LP) 1970
[CD]TBM-2 今田勝 Quartet - NOW! (LP) 1970
[LP2503][CD] TBM-3 植松孝夫 Quartet/Quintet - Debut (LP) 1970
[CD] TBM-4 峰厚介 Quintet - 2nd Album (LP) 1970
[CD][LP2505] TBM-5 Albert Mangelsdorff Quartet - Diggin' - Live At Dug, Tokyo (LP) 1971
[CD][LP2506] TBM-6 金井英人 Group - Q (LP)
[LP][CD]TBM-7 Allan Praskin Quartet - Encounter (LP, Album) 1971
[LPp][CD] TBM-8 笠井紀美子 With 峰厚介 Quartet - Yellow Carcass In The Blue (LP) 1971
[LPp]TBM-9 高柳昌行 & 新世紀音楽研究所 - 銀巴里セッション - June 26, 1963 (LP) 1971
[LP][CD] TBM-10 高柳昌行 New Direction For The Arts - Free Form Suite (LP, Album) 1972
TBM-11 戸谷重子 With The 今田勝 Trio (LP) 1972
[CD][LP]TBM-12 和田直 Quartet/Sextet - Coco's Blues' (LP) 1972
[CD] TBM-13 ジョージ大塚 Quintet - Go On (LP) 1972
[CD][LP]TBM-14 今田勝 Solo/Trio - Poppy (LP) 1973
[CD][LPp]TBM-15 鈴木勲 Trio/Quartet - Blow Up (LP) 1973
[LP2516]TBM-16 戸谷重子 & Her Jazz Friends - Fine And Mellow (LP) 1973
[CD][LPp]TBM-17 日野皓正 Quintet - Live! (LP) 1973
[CD]TBM-18 中村照夫 Group - Unicorn (LP) 1973
[CD]TBM-19 福村博 Quintet - Fukumura Hiroshi Quintet (LP) 1973
[CD]TBM-20 宮本直介 Sextet - Step! (LP) 1973
TBM-21 中本マリ & 大沢保郎 Trio+2 - Unforgettable (LP) 1973
[CD]TBM-22 今田勝 Trio & 戸谷重子 - Yokohama Concert (LP) 1973
[CD]TBM-23 山本剛 Trio - Midnight Sugar (LP) 1974
[CD][LPp2524]TBM-24 鈴木勲 Quartet Plus One - Blue City (LP) 1974
[CD][LP]TBM-25 和田直 Quartet/Quintet - Blues World (LP) 1974
[CD][LPp]TBM-26 菅野邦彦 Trio +1 - Love Is a Many Splendored Thing (LP) 1974
[CD] TBM-27 森剣治, 市川秀男 Trio - Solo & Trio (LP) 1974
[CD]TBM-28 水橋孝 Quartet+2 - When A Man Loves A Woman (LP) 1974
[CD]TBM-29 鈴木勲 & 和田直 plus 山本剛 Trio, ジョージ大塚 Quintet+2 - Now's The Time (LP) 1974
[CD][LPp] TBM-30 山本剛 Trio - Misty (LP) 1974
[CD]TBM-31 水橋孝 Quartet - Who Cares (LP) 1974
TBM-32 宮間利之とニュー・ハード - New Herd (LP) 1974
TBM-33 中本マリ With 横内 章次 And 田代ユリ - Little Girl Blue (LP) 1974
?TBM-34 笠井紀美子 With 峰厚介 Quartet - Yellow Caracas In The Blue (LP) 1971
TBM-35 ジョージ大塚 Trio - You Are My Sunshine (LP) 1974
[CD]TBM-36 鈴木勲 Quartet+1 - All Right (LP) 1974
[CD][LP2537]TBM-37 山本剛 Trio - Live At The Misty (LP) 1974
[CD]TBM-38 古谷充 Quintet - Solitude (LP) 1975
[CD]TBM-39 今田勝 + 2 - Green Caterpillar (LP, Wit) 1975
TBM-40 後藤芳子 With 水橋孝 Quartet - Day Dream (LP) 1975
[CD]TBM-41 山本剛 Trio - Blues For Tee (LP) 1974
?TBM-42 今田勝 Quartet - Now! (LP) 1970
[CD] TBM-43 稲葉国光 & 中牟礼貞則 Duo - Conversation (LP) 1975
[CD]TBM-44 鈴木勲 Quartet + 2 - Oran-Utan (LP) 1975
[LP][CD]TBM-45 金井英人 & Kings Roar Orchestra - Ode To Birds (LP) 1975
[CD] TBM-46 土岐英史 Quartet - Toki (LP) 1975
[CD][LPtr]TBM-47 今田勝 Trio - One For Duke (LP) 1975
TBM-48 宮間利之とニュー・ハード - Take The A Train (LP) 1975
[CD]TBM-49 和田直 Quintet / 植田ひとみ / 酒井潮 Trio - Blues For Bird (LP) 1975
TBM-50 水島早苗 - You've Got A Friend (LP) 1975
[CD] TBM-51 大友義雄 / 土岐英史 - Alto Madness - Lover Man (LP) 1975
[CD][LP]TBM-52 山本剛 Trio - The In Crowd (LP) 1974
[LP]TBM-53 中村誠一 Trio/Quintet - Adventure In My Dream (LP) 1975
TBM-54 後藤芳子 With 稲葉国光 & 中牟礼貞則 Duo - A Touch Of Love (LP) 1975
[LPp]TBM-55 水野修孝:宮間利之とニュー・ハード Plus All-Star Guests - "Jazz Orchestra '73" (LP) 1973
[CD][LP]TBM-56 中本マリ With 鈴木勲 & 渡辺香津美 Duo - 中本マリ III (LP) 1975
[LP][CD]TBM-57 鈴木勲 & His Fellows - Touch (LP) 1975
[LP][CD]TBM-58 森山浩二 With The 山本剛 Trio - Night And Day (LP) 1975
[CD]TBM-59 山本剛 & 小原哲二郎 - Yama & Jiro's Wave - Girl Talk (LP) 1975
[CD][LP]TBM-60 今田勝 - Masaru Imada Piano (LP) 1975
[CD][LPp]TBM-61 日野元彦 Quartet + 1 "Ryuhyo" - Sailing Ice (LP) 1976
[CD]TBM-62 ジョージ大塚 Quintet - Physical Structure (LP) 1976
[LP][CD]TBM-63 鈴木勲 Trio - Black Orpheus (LP) 1976
TBM-64 笈田敏夫 - It Was A Very Good Year (LP) 1976
[CD]TBM-65 横内 章次 Quartet - Blonde On The Rocks (LP) 1976
[CD]TBM-66 ジョージ川口とビッグ4 - The Big 4 (LP) 1976
TBM-67 宮間利之とニュー・ハード - Sunday Thing (LP) 1976
TBM-68 高橋達也と東京ユニオン - Got The Spirit (LP) 1976
[CD] TBM-69 山本剛 Trio - Summertime (LP) 1976
TBM-70 宮間利之とニュー・ハード - The World Of Shuko Mizuno (LP) 1976
TBM-71 戸谷重子, 中本マリ With The 山本剛 Trio - Shigeo & Mari (LP) 1976
TBM-72 太田邦夫 Quartet+1 - Free And Lovely (LP) 1976
[CD]TBM-73 市川秀男 Trio - Tomorrow (LP) 1976
[CD][LPp]TBM-74 松本英彦 Quartet - Sleepy (LP) 1976
[CD]TBM-75 和田直 Quintet+1 - Four Scenes (LP) 1976
[CD][LP]TBM-76 鈴木勲 Sextet - Ako's Dream (LP) 1976
[CD][LP2577]TBM-77 今田勝 Trio - Standards (LP) 1976
[CD]TBM-78 福井五十雄 Quartet - Sunrise Sunset (LP) 1976
TBM-1001 水野修孝:宮間利之とニュー・ハード Plus All-Star Guests - "Jazz Orchestra '73" (LP)[RE:TBM-55] 1973
[LP]TBM-1002.3 ジョージ大塚 Quintet - In Concert (2LP) 1973
TBM-1004 宮間利之とニュー・ハード + All Star Guests - Shuko Mizuno's Jazz Orchestra '75" (LP) 1975
[LPp]TBM-1005 高橋達也と東京ユニオン + 3 - Scandinavian Suite (北欧組曲) (LP) 1977
TBM-3001 高橋達也と東京ユニオン - Maiden Voyage (LP) 1976
[CD]TBM-3002 太田邦夫 Quintet - My Back Page (LP) 1976
[CD]TBM-3003 森剣治 Quartet - Firebird (LP) 1977
[CD][LP]TBM-3004 辛島文雄 Trio - Gathering (LP) 1977
TBM-3005 中本マリ With 横内 章次 Trio/Sextet - Mari (LP) 1977
[CD]TBM-3006 今村祐司 & Air (6) - Air (LP) 1977
[CD]TBM-3007 大友義雄 Quartet - Moon Ray (LP) 1977
TBM-3008 細川綾子 With 山本剛 And The Strings - Mr. Wonderful (LP) 1977
[CD]TBM-3009 山本剛 With The Strings - Star Dust (LP) 1977
[CD]TBM-4001 Jimmy, Yoko & Shin - 清少納言 (LP) 1978
TBM-4002 Window Pane - Window Pane (LP) 1978
[CD][LPtr]TBM-5001 和田直 Quartet Featuring 鈴木勲 And 今田勝 - Blues-Blues-Blues (LP) 1977
TBM-5002 森山浩二 + 山本剛 - Smile (LP) 1977
[CD][LP]TBM-5003 今田勝 & George Mraz - Alone Together (LP) 1977
[LP][CD]TBM-5004 Tee & Company - Sonnet (LP) 1977
TBM-5005 細川綾子 With The 今田勝 Quartet - No Tears (LP) 1977
[LP]TBM-5006 Tee & Company - Dragon Garden (LP) 1977
[LP][CD]TBM-5007 今田勝 Quartet - Remember Of Love (LP) 1978
[LP][CD]TBM-5008 Tee & Company - Spanish Flower (LP) 1977
[CD]TBM-5009 山本剛 - Midnight Sun (LP) 1978
[LPp]TBM-5010 三木敏悟 & Inner Galaxy Orchestra - Back To The Sea (海の誘い)(LP) 1978
[CD]TBM-5011 横内章次 Trio Plus 田代ユリ - Greensleeves (LP) 1978
[CD]TBM-5012 金井英人 Quintet - Concierto De Aranjuez (LP) 1978
TBM-5013 細川綾子 With 宮間利之とニュー・ハード - Call Me (LP) 1979
[CD]TBM(P)-5014 松本英彦 Quartet - Samba De Sun (LP) 1979
TBM(P)-5015 金井英人 Quintet - What (LP) 1979
TBM(P)-5016 宮間利之とニュー・ハード - Gallery (LP) 1979
[LP][CD]TBM(P)-5018 高柳昌行 Second Concept - Cool Jojo (LP) 1980
[CD]TBM(P)-5019 山本剛 - Live in Montreux (LP)
TBM(P)-5020 中本マリ - What A Difference A Day Made (LP) 1980
TBM(P)-5022 Zap - Oh! Sunshine (LP) 1980
[LP][CD]TBM(P)-5023 高柳昌行 & New Direction Unit - Live At Moers Festival (LP) 1980
PAP-25022 中山英二 With 今田勝 - North Plain (LP) 1982
[LP][CD]PAP-25030 高柳昌行 - Lonely Woman (LP) 1982
PAP-25036 マーサ三宅 - Remember (LP) 1982
PAP-25042 大隅寿男 Trio Featuring 青木弘武 - Watermelon Man (LP) 1983
TBM-CD-5031 山中良之 Quintet + 2 - Peggy's Blue Skylight (CD) 1988
TBM-CD-5032 加藤崇之 Trio - Guitar Music (CD) 1989
TBM-CD-5033 藤原幹典 Quartet + 1 - Touch Spring (CD) 1990
[CD]TBM-CD-5034 早坂紗知 & Stir Up - Straight to the Core (CD) 1990
[CD]TBM-CD-5037 大野俊三 Quintet - Maya (CD) 1992
TBM-CD-5038 藤原幹典 Group - Wild Rose (CD) 1993
TBM-CD-5039 細川綾子 - A Whisper Of Love (CD) 1993
TBM-CD-5040 酒井潮 - Blues Meeting (CD) 1994
[CD] TBM-XR-5041 加藤崇之 Trio - Guitar Standards (CD) 2001
TBM-XR-5043 赤松敏弘 - Six Intentions (CD) 2002
TBM-XR-5044 中山英二 Group with 今田勝 - North Plain(北の大地) (CD) [RE:PAP-25022] 2003
TBM-XR-5045 マーサ三宅 - Remember (CD) 2003 [RE:PAP-25036] 2003
TBM-XR-5046 赤松敏弘 - Still On The Air (CD) 2002
[CD]TBM-CD-1885 Tee & Company - 出雲阿国 (CD) 2003
TBM-CD-1889 Duke Jordan - So Nice Duke (CD) 2002
TBM-CD-1890 加藤崇之 - Synapse (CD) 2004
TBM-CD-2842 蒲池猛 - Spread (CD) 2002
NKCD-1486 マユミ・ロウ - It's My Love (CD) 2004

(ECM 2746) Enrico Rava, Fred Hersch: The Song Is You  (2021) 予定調和のなかで

(ECM 2746) Enrico Rava, Fred Hersch: The Song Is You  (2021)
1. Retrato Em Branco E Preto (Antônio Carlos Jobim, Chico Buarque) 7:54
2. Improvisation (Enrico Rava, Fred Hersch) 4:17
3. I'm Getting Sentimental Over You (George Bassman, Ned Washington) 5:55
4. The Song Is You (Jerome Kern / Oscar Hammerstein II) 4:45
5. Child's Song (Fred Hersch) 7:09
6. The Trial (Enrico Rava) 2:09
7. Misterioso (Thelonious Monk) 6:47
8. 'Round Midnight (Bernard D. Hanighen, Charles Cootie Williams, Thelonious Monk) 3:50
Enrico Rava(flh),  Fred Hersch(p)
Design: Sascha Kleis
Engineer: Stefano Amerio
Producer:  Manfred Eicher
Recorded on November 2021, at Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano

https://www.ecmrecords.com/shop/1652882456/the-song-is-you-enrico-rava-fred-hersch

---------------------------------------------------------------------------

やはり
珍しく新譜入手。海外サイトのDL販売で96kHz 24bitが2000円くらい。

 ラヴァもハーシュも好きなので興味津津。

予想はしていたが、近年酷くなっているなあと思うECMの過剰残響。菊地雅章の遺作も音を損なっている。これもじゃぶじゃぶで、ピアノも管も音が滲んでいる。田中鮎美のアルバムでは、そんなに酷くはなかったが。そこが残念。ともにアメリオの録音なので、アイヒャーの操作、なんだろうな。ハーシュのピアノの美しさが愉しめない。

「定番」の苦情はソコソコにして、演奏内容の印象。

まず残念な感じが強い。ハーシュとラヴァが存外に近い美意識、のようなもとでの音の組み立て。一音一音の響きの美しさを積み重ねるような、音の造り込み。だから意外感のない、安定した音なのだけど、予定調和のなかで驚きに乏しい。

そう、こう書きながらステファノ・ボラーニとの演奏に想いがトンでいる。明らかに造りが違う音の邂逅が生み出す1+1>>2の驚きを感じるのだ。モントリオールで音が彈け飛んでいる、その驚きは忘れがたい。そして楽しい。

録音の問題が大きいのだけど、(ボクにとっての)一番のトラックがハーシュのソロ、最終曲であるRound Midnight というのは、なんとも寂しい。


www.youtube.com


The Song Is You

The Song Is You

Amazon