K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

ハワード・ライリーのDiscussions(澤野盤)の解説から

ハワード・ライリーのDiscussionsのレコードを購入。澤野の再発盤。

f:id:dailymusiclog:20190930185342j:plain

音質的には微妙感はありが、あのようなアルバムをレコードでしっとり聴くことができて、素直に嬉しい。1960年代のヨーロッパ・ジャズ黄金時代を主張される星野氏の云うとおりだ。1970年代の日本のジャズが持つ芳香と同じく、あるいは以上の高踏的な感じが良い。

ヨーロッパ・ジャズ黄金時代

ヨーロッパ・ジャズ黄金時代

 

澤野の再発盤の解説が分かり易く、同時代のアルバムを幾つかあげている。よく読むと、同じ星野氏だ。全てがspotifyで聴くことができるので、挙げておく。佐藤允彦のパラジウムと地続きのような音、大好きだ。

これはDiscussion、1967年。佐藤允彦がバークリーに行った頃かその少し前。

日本で知られるようになった英コロンビア盤2つ。日本盤も出たようだ。1969年から1970年。

 


The Howard Riley Trio - Angle

ライリーに先立つダウナーのトリオ。1964年。ECMの奇盤しか印象がないので、驚いた。

その他の星野氏推奨レイリーは、1970年のタートル盤(spotifyの2盤め)

 エルトン・ディーンとの1990年の「オーソドックス」なプレイ。