K’s Jazz Days

K’s Jazz Days

ジャズを中心とした音楽と本の備忘録

Music (日本)

石橋英子, Gianni Gebbia, Daniele Camarda: Maboroshi (2009) 脱境界的な

石橋英子, Gianni Gebbia, Daniele Camarda: Maboroshi (2009, F.M.N. Sound Factory)1. Kuuge (Flowers On The Sky)2. One Clapping/Many Hands3. Go Down Moses4. Hermit5. Kan (Barrier)6. Kami Kakushi (Gold Wind Mountain)7. Maboroshi (Illusion)8. Y…

石橋英子, Darin Gray: Ichida (2018) ベースの音の感触

石橋英子(p, org, fl, electronics), Darin Gray(b, Performer [Mouthpieces, Preparations], electronics) Mastered & cut at D&M, Berlin, Feb 2018.

石橋英子: Drive My Car Original Soundtrack(2021) 鍵盤と打楽器の音が綴る音響

石橋英子(p, Rhodes, synth, fl, electronics, melodion, vib, sound collage), Jim O’Rourke( g, pedal steel g, b, vib), 山本達久(ds, perc), Marty Holoubek(b on 1,2,4,8) Toshiaki Sudoh( b on 5,10), 波多野敦子(Vln, Viola) Mixed and Mastered by J…

坪口昌恭の歌伴「原田知世:天国にいちばん近い島」をレコードで聴く

もっきりやのライブで、彼のピアノの音響に惹かれた後なので直撃。ということで、レコードを入手。

清水三恵子: 貝の道(1990) 「ヘン」な魅力が満載

清水三恵子: 貝の道(1990, Continental =>Teichiku) A1. 星の流れに A2. 夢の夢 A3. Indian Afternoon A4. River House A5. God Bless’The Child A1. 青の人 A2. 桃 A3. 風吹く頃 A4. 渚の二人

知名定男: 島うた(1991) 聴き手を包み込む力、に巻き込まれながら

知名定男, 知名定照, 津波恒英, 宮里奈美子(ネーネーズ), 古謝美佐子(ネーネーズ), 宮里康子(ネーネーズ), 比屋根幸乃

1980年代後半の清水靖晃のアルバムから延伸した先(Nadja: 月星日,清水三恵子: 貝の道)

清水靖晃の音が好み。勿論、サックス奏者として流氷とかで吹いている音も好きだし、特に1980年代後半のアルバム3枚が好み。偏愛というか「ヘン愛」というか、脳内が痒くなるような、アノ感じが気持ちいい、のだ。インチキ・エスニックの魅力。

石橋英子: Hyakki Yagyō (2020) ただ聴き手の感情を静かに揺さぶるだけで

石橋英子(synth, acoustic sounds, fl), Jim O’Rourke (double bass), Joe Talia

高橋鮎生: Nova Carmina (1986) なんだろう、この懐かしさは

高橋鮎生: Nova Carmina (1986, School)A1. Guide Us (高橋鮎生) 2:06A2. Sound Of You(高橋鮎生) 4:38A3. Silent Springs(高橋鮎生) 2:05A4. Across The Seasons(高橋鮎生) 3:54A5. Half Moon / Full Moon (高橋鮎生)2:43A6. Veris Leta Facies(Carl Orff) …

佐藤通弘, John Zorn: Ganryu Island(巌流島) (1985) さて勝負はあったのか

佐藤通弘(三味線), John Zorn(sax) Producer : John Zorn Recorded at Radio City Studio, November 23, 1984.

石橋英子: The Dream My Bones Dream (2018) レコードで聴く意味は何だろう

石橋英子, アイヴィン・ロンニング, 須藤俊明, ジム・オルーク、ジョー・タリア, 波多野敦子, 山本達久, 李犁

yanokami: yanokami(2007)、遠くは近い(2011) 音の気持ちよさが半端じゃない

矢野顕子(vo, p), レイ・ハラカミ(synth)

Mkwaju Ensemble: Ki-Motion (樹モーション)(1981) 高田みどりを聴く快感

高田みどり(perc, marinba, viv, voice), 定成庸司(perc, marinba, viv), 千野秀一(synth), 村上"ポンタ"秀一(ds)

備忘:浅川マキのFM放送音源(1981, 1997) ラジオを介した「送り手」と「聴き手」の距離感

Youtubeでの放送音源。聴いていると、今はすっかり消えたような気がする「ラジオと親密だった時代」の音だな、と思う。 勿論、音源ははじめて聴くのだけど、ラジオを介した「送り手」と「聴き手」の距離感の良さ、を思った。手が届きそうで、わずかに届かな…

元ちとせ: 元唄 幽玄 元ちとせ奄美シマ唄remix(2019) 浮遊させたような電子音よりも

REMIXED BY 坂本慎太郎, Ras G , Chihei Hatakeyama, Tim Hecker, Dorian Concept. 坂本龍一

浅川マキ:東京挽歌・アーメンジロー(1967)寺山修司との出会いが浅川マキ誕生か

今、浅川マキ没後10年で金沢では幾つかのイベント、ライヴや写真展が計画されている。先日のもっきりやでのライヴも何だか法事に招かれたような不思議な感覚で面白かった。 そのなかで、寺山修司との出会い、蠍座での公演が「浅川マキ」を誕生させた、話を伺…

角銅真実: oar (2020) 星のように微かな光を放つような音がそこかしこに

角銅真実, 石若 駿, 中村大史, 西田修大, マーティ・ホロベック, 光永 渉, 藤有花, 巌 裕美子, 網守将平

角銅真実@金沢 (9月15日)

金沢某所(分かる人には分かるが)、私的なライヴ。声をかけてくれた主催者に感謝。 確かに、あの場所でしかあり得ないような、one time performance の現場に居ることができたのだ。 (追記:同時期に開催された金沢ジャズストリートと全く関係のない会だった…

池間由布子: 野となり、山となる

フィールド・レコーディングに興味を持って入手したレコード。

沢井一恵: THE SAWAI KAZUE 十七絃

ジョセフ・ジャーマンのpoem songを聴いて、琴への印象が一変。弦の強靱なうねり、のような音が面白い。ということで、共演者である沢井一恵のアルバムを入手。 誕生して100年の十七絃琴、という楽器による演奏。ステレオタイプ(ボクのなかの)な邦楽の印象…

Haco,坂本弘道: Ash In The Rainbow

アンビエント系の音楽をspotifyかyoutubeで聴いていて、すごく「引っ掛かった」アルバム。どこか遠くから漏れ聞こえるような唄、雑音とも聞こえる様々な摩擦音。それが鋸だったりチェロだったりする。そんなvectorが揃っていない気儘な音のパーツが、奥行き…

Dip in the pool (甲田益也子, 木村達司): Retinae

近年のアルバムも、このアルバムも基本的には同じ。ふわっとした演奏にふわっとしたヴォーカルが乗る。それだけ。ふわっと、した感じが、徹底的にふわっとしているので、快感指数は高い。

角銅真実: Ya Chaika(2018) 耳元で囁きかけているようで

今日の夜明けはこれ。石若駿のアルバムで気になった声。 元来、日本の唄(あるいは唄い手)は苦手。歌詞のメッセージ性に感情が引っ張られるから。でも例外はあって、矢野顕子、浅川マキ、元ちとせは大丈夫だった。最近だったら、石橋英子、小田朋美。歌詞の…

Dip in the pool (甲田益也子, 木村達司): Highwire walker (2015) 今日のBGM

昨年買った音楽ガイド本で一番面白くて、一番フィットしたのはコレ。 1980年代に入って暫くしたら、近藤IMAや橋本一子などなどが気になった、という性行にピッタリ。数多くある(に違いない)「聴き洩らし」のエンサイクロペディアなのだ。 そのなかで取り上…

小田朋美: グッバイブルー(2018) 日本語の歌詞の曲は苦手感が強かったのだけど

長い間、幾つかの例外を除いて、ヴォーカル、トロンボーン、バリトンサックスのアルバムは苦手だった。最近は例外が増えすぎて、どうもそうではなくなったようだ。日本語の歌詞の曲は、言葉の力が強いため、特に苦手感が強かったのだけど、それも無くなって…

矢野顕子:JAPANESE GIRL - Piano Solo Live 2008 吉野金次の...

「例の」Japanese girlの曲をなぞった弾き語り。吉野金次の...と見て、手が出てしまった。確かに良い録音。何も足されていないし、何も引かれていない、そんな風に感じる臨場感。大きなホールでの録音、とすら感じない。ピアノの音の良さ、を味わうアルバ…

NHK名盤ドキュメント 矢野顕子「JAPANESE GIRL」を観た

一年を通して、ほとんどテレビを見ないが、これは見た。随分前、荒井由実のデビューアルバムのドキュメンタリーが意外なほど面白かったから。西条孝之助が入ったボッサのトラック、とか。マルチ・トラックを腑分けすると、思わぬ音が飛び出る様、が楽しい。 …

浅川マキ:ちょっと長い関係のブルース(1985) 新しいカートリッジで聴く

LPレコード終末期、1980年代半ば、の録音は甘い印象がある。溶けるような甘さ、のように感じる。当時のキング・レコードの日本録音Paddle Wheelなんか聴くと、特にそう思う。 このレコードは東芝、吉野金次の録音。スタジオでの録音なのだけど、程よい残響感…

久々に入手した浅川マキのアルバム2枚

深夜に帰宅したら、浅川マキのアルバム2枚が届いていた。なかなか入手が難しい1980年代のもの。今は焦って集めるようなことをしていない。1年〜2年の期間で考えると、たまに見かける、そんなアルバム。 [2015-12-15記事] 浅川マキのアルバム 細々と集めて…

橋本一子, 中村善郎: duo (2016) 日本の軽音楽

少し古い言葉だけど、日本の軽音楽そのもので、洗練された到達点なんだろうな、と思う。橋本一子さんのピアノ、ヴォイスともに魅惑的であることは30年昔と何ら変わらず、いや、ますますsmoothになっていくことに驚きを隠せない。それにしても、共演の中村善…